本文へ移動

建築構造委員会

耐震壁壁開口について

2014-02-03
耐力壁の開口部について
                                                                                                                             
1.耐力壁とは
鉄筋コンクリート構造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート構造(SRC造)において、
柱、大梁に囲まれた鉄筋コンクリート壁で、主に次の条件にあてはまるものを耐力壁
といいます。                                                                                                 
a.    厚さ       12cm      以上
b.    周囲の柱、梁との接合部は、その部分の存在応力を伝えることができるものとする。
 
※ b.の意味は、スリットを切らないものと考えて下さい。 
                                                                 
RC壁の挙動が建物に与える影響は大変大きなものがあり、腰壁、タレ壁、袖壁の存在が、柱梁の
せん断破壊をもたらしたり、地震時の応力集中を招き、周囲材の設計が困難になるなど悪い方向に
働くこともあります。従いまして壁の影響をなくす目的でスリットを入れることが、ごく一般的に
なっています。
耐力壁になりうる無開口壁でも場合によってはスリットを入れることもあるでしょう。                                         
2. 耐力壁の利点  
耐力壁は大きな地震力を負担することが出来ます。                                                                             従って、柱や大梁の鉄筋量を減らすことができ、いわゆる経済設計をするには欠かせない存在です。              但し、バランスよく配置して下さい。
平面的にも、立面的にもです。                                                                                                                                                                                                          
平面的にはX方向のバランス、Y方向のバランスそれぞれに留意して下さい。
つまり、偏らないようにして下さい。
たとえば、X方向は耐力壁なし、Y方向のみ耐力壁を設けるというのはもちろんかまいません。                                                                                                                                 
立面的には、上下階が出来るだけそろえる。
上階が耐力壁、下階で壁がなくなるのは一番いけません。
逆に上階が壁なし、下階が耐力壁なのはOKです。   
下階での壁抜け、いわゆるピロティ構造は、過去の地震被害例をみてもできるだけさけた方が
よろしいでしょう。
不可能ではありませんが、非常に不経済な設計になります。   
2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 平日 9:15~17:00
  • 赤字…事務局休業日
  • 年末年始 12月29日~1月3日
公益社団法人愛知建築士会
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2丁目10番19号 
名古屋商工会議所ビル9階
TEL.052-201-2201
FAX.052-201-3601
MAIL.mail@aichishikai.or.jp
TOPへ戻る