本文へ移動

建築構造委員会

地盤調査について

2014-02-03
・ 地質の調査は必要です。(施主への説明・見積り反映)                             
                              
・ 地盤調査は設計上の業務です。                             
 (地盤調査を行わず建設して不同沈下を生じた建物の損害賠償における裁判で設計者の賠償責任が認められた判例あり)                             
                              
                              
・ 液状化の可能性を把握し設計に反映させてください。                             
                              
 行政により液状化の可能性を示した液状化マップがあります。                             
                              
   愛知県                           
   http://www.quake-learning.pref.aichi.jp/upload_source/bousaimap1.html                           
                              
   名古屋市                           
   http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/20-2-5-6-0-0-0-0-0-0.html                           
                              
 少なくとも液状化の可能性がある地域は液状化の検討・対策が必要となります。                             
                              
・地質調査の種類                              
                              
① スウェーデン式サウンディング                             
                              
 適用は小規模建物に限られる。                             
                              
 長所  
   ・ 簡易                          
   ・ スペースをとらない                          
   ・ 測定場所の追加・変更が容易                          
   ・ 時間がかからない                            
   ・ 安価(3~5万程度)                          
                              
 短所  
 ・ 地中のガラに弱い                          
   ・ 杭の支持層を確認できない。                          
   ・ 土質の判定が難しい。(サンプルがとれない)                          
   ・ 結果にばらつきがある。                          
   ・ 水位が不明                          
   ・ 液状化の判断ができない                           
   ・ 判断に対して専門的な知識・経験が必要                          
                              
② 標準貫入試験                             
                              
 長所  
 ・ 支持層の深度・層厚が確認できる。                          
   ・ サンプルを採取でき土質の確認が出来る。                          
   ・ 室内土質試験が併用して出来る。                          
   ・ 水位のレベルが確認できる。                          
                              
 短所  
 ・ 調査に数日かかることがある。                          
   ・ 1mあたり1万円程度の調査費がかかる。
2020年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 平日 9:15~17:00
  • 赤字…事務局休業日
  • 年末年始 12月29日~1月3日
公益社団法人愛知建築士会
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄2丁目10番19号 
名古屋商工会議所ビル9階
TEL.052-201-2201
FAX.052-201-3601
MAIL.mail@aichishikai.or.jp
TOPへ戻る